百光 | BYAKKO

★★★★★

4.88

4件

山形県/ 楯の川酒造株式会社/ ⼭形県産出⽻燦々(有機栽培⽶)100%/

この商品を購入する>>

百光 | BYAKKO
百光 | BYAKKO
原料米 ⼭形県産出⽻燦々(有機栽培⽶)100%
精米歩合 18%
日本酒度 -2
アルコール度数 15.7度
酸度 0.6
アミノ酸度 0.7

※ユーザーの投稿に基づき反映しております

この上ない透明の世界へ。

https://sake100.com/item/11

百光 | BYAKKOの口コミ・レビュー

こるね

★★★★★

5

<複雑な 上品芳香 恍惚と>

SAKE HUNDREDは、日本酒メディア・SAKETIMESを運営する(株)Clearさんが展開する、高級日本酒ブランドです。ラグジュアリーをコンセプトとするだけあって、ぶっちゃけ、なかなか手が出る価格ではありません。そんなお酒を、特別に1杯いただくことができました。本当にありがとうございます!

今回のお酒は、そんなブランドから「百光 別誂」。製造は、山形の、楯の川酒造さん。精米歩合18%という驚異の高精白のお酒です。正直、飲むのに緊張しました。でも、めったにない貴重な機会。しっかり味わっていきたいと思います。

まずは、香りが本当に素晴らしいんです。桃とお米の旨味と上品なアルコール感とほのかな苦味酸味が、複雑に絡み合ってふおぉぉー-。いろんな要素が混ざりつつ、それが調和して、上品かつ恍惚!

口当たりは、するり薄甘旨。やっぱり上品ですね。と、そこから心地よい旨味と苦味がじゅわりと広がります。美しい! 芯のしっかりとしたお米の旨味と優しい苦味にうっとりします。
その後、鼻腔に幸せな記憶を残して、淡雪のようにきれいに溶けてなくなる。とても美しいのに、複雑さもあります。

はあああ。
簡単に美味しいという言葉を使うのが申し訳ないくらい、素晴らしいお酒でした。

今年はありがたいことに、高級なお酒を何本も飲ませていただきました。その中でも、香りでは百光さんが最も印象に残っています。簡単に比較すると、
・香りの百光
・旨味の獺祭 磨きその先へ
・深みの梵 超吟
もちろんそれぞれのお酒とも香りも旨味も深みも素晴らしいんです。ただ、一番印象に残っている要素がこんな感じ。

スペックは、
造り:純米大吟醸
原料米:兵庫県産山田錦
精米歩合:18%
アルコール度数:15.7% ・・・ 普通
日本酒度:マイナス2 ・・・ ちょい甘口
酸度:1.4 ・・・ 普通
アミノ酸度:0.8 ・・・ 低いです。当然めちゃくちゃきれい

そんなお酒に合わせるアテは、純米鍋。水を使わず純米酒で煮込んだ鍋です。こちらのマスターは割烹出身で、出汁の取り方が絶品なんです。もちろんこちらも、今年いちばんというくらいの幸せな一品。具は鶏肉とネギだけ。シンプルだけど、凝縮された旨味がめちゃくちゃ美味しくて、他になにもいりません。そしてそれが素晴らしいお酒と引き立てあって至福。全てに感謝を捧げたくなります。今年も一年、ありがとうございました。

話を戻して、百光さんをジブリで例えると「思い出のマーニー」から、月光の下のマーニー。ジブリ作品には、素敵なヒロインがたくさん登場します。でも、女性の美しさを真正面から描いたという意味では、マーニーが一番だと思います。その中でも最も美しいシーンが、この月光のシーン。この世のものじゃない雰囲気も醸し出しています。
こういう女性の美しさ、宮崎駿監督では描けなかったんじゃないかな。技量ということじゃなくて描きたいものの方向性の違いからね。ちなみにこの作品を監督した米林さんのことを、鈴木敏夫プロデューサーは「ジブリでいちばん上手いアニメーター」と評していたそうです。

満足度:★★★★★

※ブログにはキャラ画像などを補完したフルバージョンを載せます。よかったら「こるね酒」で検索するか、プロフィール欄のリンクからお越しください。

「百光 | BYAKKO」の基本情報

「楯の川酒造株式会社」の基本情報

酒造名称
楯の川酒造株式会社
所在地
山形県酒田市山楯字清水田27番地
銘柄
楯野川(たてのかわ)
HP
酒造ホームページはこちら