白鶴 大吟醸

★★★★

3.50

1件

兵庫県/ 白鶴酒造株式会社/ 国産米/ 大吟醸酒 /

白鶴 大吟醸
白鶴 大吟醸
原料米 国産米
精米歩合 50%
日本酒度 +3
アルコール度数 15~16度
酸度 1.3
アミノ酸度 1.1

※ユーザーの投稿に基づき反映しております

白鶴 大吟醸の口コミ・レビュー

こるね

★★★★

3.5

<控えめきれいな上品大吟醸>

白鶴の飲み比べ、カップ酒「まる」に続いては大吟醸です。実はこれと一緒に純米大吟醸も買っているので、そちらとの飲み比べも楽しみ。
このお酒、モンドセレクションで2011~2021年、11年連続で金賞を受賞してるそうです。凄い。

香りはほんのりマスカットの酸甘。

口に含むと、控えめきれいな甘酸っぱさを一瞬感じて、すっと引いていきます。その奥から旨アルコールの含み香がふわり。余韻は甘旨じわりと上品で、強くはないけど長いです。全体の印象はすっきりきれい。

温度が上がってきたら、甘味も開いてきてより魅力的。でも、常温まで上がると酸味がちょっと刺さるので、10℃・花冷えくらいまでが良さそうです。

飲み比べた純米大吟醸とは、とても似ています。味わいはほとんど同じなんだけど、こちらのアル添大吟醸の方がちょっとだけ最初の甘さがはっきりで、そこからの引き具合がすっきり。でも、ブラインドで比べたら見分け付かない自信があります。

ジブリで例えようと思ったけど、このタイプはちょっと思い当たりません。だから僕の妄想でキャラ作っちゃいます。

大吟醸と純米大吟醸は双子の姉妹ですね。いいとこの女子校に通う大手メーカーの後継ぎお嬢様。清楚で、上品で、いつも敬語で話してそう。2人とも黒髪ロングで、外見も性格も似ています。
こちらのアル添大吟醸は双子のお姉さんの方。「お姉さんなんだからしっかりしなくちゃ」って思って頑張っちゃうタイプ。でも、要領がいい妹のことがちょっとうらやましかったりします。

満足度:★★★☆

※ブログにはキャラ画像などを補完したフルバージョンを載せます。よかったら「こるね酒」で検索してお越しください。

「白鶴 大吟醸」の基本情報

受賞歴

モンドセレクション 2011~2021年 11年連続金賞受賞

ワイングラスでおいしい日本酒アワード20212メイン部門 金賞受賞

International Taste Institute 2021年 「2ツ星」受賞

「白鶴酒造株式会社」の基本情報

hakutsuru.co.jp
酒造名称
白鶴酒造株式会社
所在地
〒658-0041 兵庫県神戸市東灘区住吉南町4丁目5-5
銘柄
白鶴 (はくつる) 翔雲(しょううん)天空(てんくう) まる 鶴姫(つるひめ) 別鶴(べっかく)
HP
酒造ホームページはこちら