黒松剣菱

★★★★★

4.50

3件

兵庫県/ 剣菱酒造 株式会社/

黒松剣菱
黒松剣菱
原料米
精米歩合
日本酒度
アルコール度数
酸度
アミノ酸度

※ユーザーの投稿に基づき反映しております

口に含んだ瞬間に濃厚な香りがふくらむ、米の豊潤な味わいを引き出した逸品。
存在感のある旨みは酸味や辛みと相まり、口のなかで幾重にも広がるいっそうまろやかなコクへと昇華。
鮮やかなキレが、上品で心地よい余韻を残します。

黒松剣菱の口コミ・レビュー

こるね

★★★★

4

<濃厚燗 旨甘ガツンな 食中酒>

去年、瓶の造形に惚れて買った剣菱さん。その時は常温で飲んだんだけど、この瓶、燗にするのにぴったりという話を聞きました。なんでもこの瓶、上が太く下が細くなっていることで、瓶内で対流が発生してムラなく温められるのだとか。凄い!
そんなの聞いたら気になります。早速買ってきました。

レンジで500W1分温めていただきます。

結論から言うと、やっぱりちょっと温度ムラはできました。上が熱くて下がぬるい。お箸でちょっとかきまぜていただきます。1分でぬる燗とのことでしたが、夏の常温からスタートだったせいか、余裕で熱燗(50℃)はあります。

色が良いですね。はっきり黄色。香りは穀物系の甘味がたっぷりです。熱燗らしいアルコールの刺激がたまりません。

口に含むと、香りの印象通りの穀物の旨味甘味がガツン! 17度のアルコールがふおぉー。
そして不思議なことに、後味が自然に切れるんです。味わいがぐわぁっ。っと思ったら後味はふわぁっときれいに切れる。

恐ろしいのが、こんなにガツンなのに食事に合う! 甘めのカボチャの煮付けに合わせたら旨味とほろ酸味が出てくるし、ポン酢多めの冷奴なら甘味が開くし、同じくガツンな生姜焼きには甘旨が出てくる。うまっ!面白っ!

熱燗やっぱり美味しいですね。でも温度が下がってきても美味しい。僕の今日のベストは、燗冷ましのぬる燗(40℃)くらいでした。美味しい温度の幅が広いです。

ちなみに、前にも書きましたが、この剣菱のロゴ、500年以上使い続けられています。凄い。ロゴの上は男性、下は女性を表してて、陰陽和合。エロくて良い!
江戸時代には、剣菱を飲むことを「けんびる」って言ってたみたいですよ。

ジブリ例えると、前回と同じ「ラピュタ」の親方。筋肉自慢のおっさんです。でも、同じく筋肉と汗で生きてる炭鉱夫たちをまとめ上げる実力者。身寄りのないパズーの面倒を見る優しさもあります。

満足度:★★★★

※ブログにはキャラ画像などを補完したフルバージョンを載せます。よかったら「こるね酒」で検索してお越しください。
【シーン: 購入(酒屋)
【相性のいい料理: 刺身 焼き魚 海鮮 揚げ物 天ぷら おでん 煮物 焼き鳥 チーズ

「黒松剣菱」の基本情報

「剣菱酒造 株式会社」の基本情報

酒造名称
剣菱酒造 株式会社
所在地
〒658-0046; 兵庫県神戸市東灘区御影本町三丁目12番5号
銘柄
剣菱(けんびし)
HP
酒造ホームページはこちら