日下無双 七號酵母 生酛純米酒

★★★★

4.00

1件

佐賀県/ 天吹酒造合資会社/ 生酛仕込み / 純米酒 /

日下無双 七號酵母 生酛純米酒
日下無双 七號酵母 生酛純米酒
原料米
精米歩合 60%
日本酒度
アルコール度数 16度
酸度
アミノ酸度

※ユーザーの投稿に基づき反映しております

日下無双 七號酵母 生酛純米酒の口コミ・レビュー

こるね

★★★★

4

<熟成感? 甘苦アルが スコーンと>

このお酒、ぱっと見てどこのお酒かわからなかったので、スルーするところでした。でもよく見たら、端っこに小さく日下無双って書いてある!マジか!?

日下無双というのは、杜氏・日下(ひのした)信次さんの個人ブランドのお酒です。日下さんが自分の名前に無双まで付けて放った渾身の一撃。日下さんは以前は山口の村重酒造で杜氏をされており、日下無双も村重酒造から発売されていました。それが2020年に佐賀の天吹酒造に移籍され、このブランドも一緒に移籍になったんです。これとは違う赤い瓶のやつは知ってたんですが、このデザインは初めて見ました。楽しみです。

色はほんのり褐色。
香りはほんのり甘さと、ラムネの爽やかさと、すっきりアルコール感。かすかに穀物感もあるかな。

口に含むと、黒糖のような甘味と、キリッと苦味と、ストレートなアルコールがスコーン。
この苦味、熟成? 移籍されてからそんなに経ってないので、もちろん熟成じゃないはず。でも、熟成っぽさを感じます。それなのにアルコール感は角が残っててフレッシュ。含み香も甘アルふわぁです。酸味はしっかりあるけど脇役に徹してる。
で、味わいしっかりかと思ったら、キレもよくて後味すっきり。
熟成なのかフレッシュなのか? 不思議なお酒でした。美味しい。

後で調べてみたら、YouTubeの「わくわくSAKE部」というチャンネルで、移籍直後の日下さんのインタビューが見つかりました。その中で日下さんは移籍のいろいろな苦労を語られています。水が違う、米も違う、酵母も違う(天吹さんは花酵母が特徴です)、そしてなにより人が違う。その中に一人で乗り込んでお酒を造る苦労と楽しみが偲ばれる、めちゃくちゃ面白いインタビューでした。

ジブリで例えると「千と千尋の神隠し」のハク。見た目は若くて、キリっとしていて、優しくて、それでいて、どこか老練な雰囲気があります。ラベルも龍ですしね。

満足度:★★★★


※ブログにはキャラ画像などを補完したフルバージョンを載せます。よかったら「こるね酒」で検索してお越しください。

「日下無双 七號酵母 生酛純米酒」の基本情報

「天吹酒造合資会社」の基本情報

酒造名称
天吹酒造合資会社
所在地
佐賀県三養基郡みやき町東尾2894
銘柄
天吹(あまぶき)
HP
酒造ホームページはこちら